米国食材について

Sugar: このブログで砂糖といえば、米国でもっとも一般的なグラニュー糖のことです。同じ重量の上白糖で代用してまったく問題ありません。  グラニュー糖でつくると、クッキーやぱい皮は、さくっ、かりっとしていいのですが。。。 グラニュー糖は精製されているため、できあがったお菓子の潤い、(舌でかんじられる)甘さ、風味が、微妙に劣る場合があります。そのため、塩、ミネラル、モラッセ、はちみつ、シロップなどを追加しておぎなうこともあります。

Milk: このブログでミルクといえば、米国で WHOLE MILK とよばれる 乳脂肪分 4% のミルクのことです。2%、1%、スキムミルクなどもありますが、どうしても4%はないと、リーンすぎてだめです。日本で4%のが入手困難なときは、安いミルクに 生クリームをほんのすこし加えて4%ぐらいにするといいとおもいます。

Heavy Cream: 今つかっている生クリームの箱のラベルによると、15cc(15g)のなかに5gの乳脂肪分が含まれているということですので、たったの33%しか脂肪分がないことになりますが、米国でHeavy Creamとよばれるものは、最低36%の乳脂肪分がなければいけないことになっているので、おそらく、四捨五入誤差だとみなし、このブログのレシピに使う生クリームは36%乳脂肪含有とみなしてください。

All Purpose Flour: 米国で一番安く一般的な小麦粉。たんぱく質含有量 (10.5-11.7%).  強力粉と薄力粉を同量ずつまぜて、代用してください。

Cake Flour: 薄力粉、米国では高額、たんぱく質含有量 (3 g out of 32 g serving, 9.375% for Pillsbury Softasil Cake Flour produced in Ohio, USA).  グルテン含有量は約8.3%に保たれている。しかし、たんぱく質含有量は、小麦の作柄、季節、製粉工場などによって異なる。たんぱく質含有量は6-9.5%ぐらいと幅がある。ある、ウェブサイトでは、アメリカの薄力粉はたったのたんぱく質6%ぐらいしかないと主張していたりするが、そんなにやわらかくない。市販のものは、8-9%ぐらいとおもえばよいとおもう。日本の薄力粉で十分で、普通のレシピの場合、うき粉や、コーンスターチを加える必要はまったくない。(日本の薄力粉のほうが、米国の薄力粉よりも、やわらかい。)

Canadian Steak Seasoning: 原材料:塩、ガーリック、黒胡椒、オニオン、スパイス、大豆油、赤唐辛子。これらを混ぜて、代用してください。  

Brown Sugar: 三温糖で代用してください。Light Brown Sugar は三温糖に非常に近い。Dark Brown Sugarは 三温糖に黒糖粉末をすこし加えまぜると近くなります。このBLOGでは、日本語訳のページでは、BROWN SUGARをつかっていても三温糖と訳させていただいています。日本にいる方がわざわざ輸入物を買う必要はないと判断したからです。

Spice Blend: All Purpose Seasoning, 原材料:塩、スパイス (ローレルの葉, 黒胡椒, カイエンペッパー, セロリシード, コリアンダー, クミン, オレガノ, 白こしょう), たまねぎ, にんにく, 赤唐辛子, ピーマン, 香菜, コーンフラワー, 赤とうがらし, 砂糖, パプリカ, パプリカエキス.  これらのスパイスをまぜて代用してください。.

Hot Chili Seasoning Mix: Ingredients: spice, flour, onion, salt, garlic ( なければ、ブイヨンスープの素、チリパウダー、ローリエ、にんにく、塩、胡椒、たまねぎ、小麦粉 で代用していいのでは?)

Cream of Tartar (酒石英)

Sun Dried Tomatoes: トマトを日干ししたもの、普通のフレッシュのトマトで代用してよい。

Canned Beef Broth (牛肉からとったスープストック、缶いり、ブイヨンとはちがい、塩はあまりはいっていない。なければ、ご自分で肉と野菜をことことにるとこれににたものができる。)

***

***

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.