08/17/2011 グレープ ソーベー Grape Sorbet

Ingredients: 3人前

  • 327.7g 緑色の種無しぶどう(皮もたべられるもの)
  • 8.4g 水
  • 1/4tsp弱 Light Corn Syrup (みずあめ)
  • 1/2tsp強  ウォッカ (VODKA)
  • 30.6g 砂糖(おおすぎた。半分でよかった。)
  • ひとつまみ 塩

Procedures:

  1. ぶどうと水をPYREXのボールにいれ、MW(1.6kw)6分し、皮がはじけてしぼんで中がやわらかくなりしるがいっぱいでているじょうたいにする。
  2. それにシロップとVODKAをいれてまぜる。(ここでVODKAをいれると熱でアルコールが飛ぶので意味ないとおもうが。。。)
  3. それをVITAMIX(ブレンダー)にかけてなめらかなPUREEにする。
  4. 味をみて、砂糖を必要なら加える。(ぜんぜんあまくなくってすっぱすぎたので、砂糖をいれることにしたがちょっといれすぎた。)
  5. ひとつまみの塩をくわえてまぜる。
  6. 広い天板かバットにラップをきっちりしく。(くだものの酸に影響される金属のものには直接ふれないようにするため)。
  7. その上からぶどう液をながして冷凍30分ぐらい。完全に冷やす。
  8. アイスクリームメーカーにいれ攪拌冷凍。
  9. サーブ。

Comments:

REF. GRAPE SORBET, BOOK203, BIBLIOGRAPHY

オリジナルでは砂糖塩をくわえなかったのだが、グレープがすっぱすぎて、甘さがたりず、砂糖と塩をやむおえずくわえなければならなかった。

すこし砂糖をいれすぎたが、まあまあおいしい。 しかし、ぶどうはソーベーにするより、そのままたべたほうがおいしいかんじがする。酸味と渋み(皮からの)がきになるくだもので、あまりアレンジがきかないとおもう。アイスクリームのそえるとか、フルーツサラダにするとか、ゼラチンでかためるとか。。。ここで煮るいみもないとおもう。生でぴゅリーにしてもよかったのでは?とおもう。

みずあめとVODKAがこんなにすくないといみがないとおもうし、アルコールをあついときにいれるととぶので、ぜんぜんあほらしいレシピである。この人頭よいはずなのに、どうしてこんな抜けたレシピかくんだろう?前回のサツマイモアイスクリームでも芋がおおすぎてバツだったが、今回も完全にバツで、DISAPPOINTEDである。しかし、この人の本をかわず、図書館でかりたんで、まあ、図書館に往復する時間とガソリン代がそんしたくらいで文句はいえない。

ぶどうがあまってしかたがないときにはよいレシピかもしれないが。。。  まあ、冷凍保存もできるし。。。 ぶどうたべるより ぱっとなくなって満腹感もあまりないので消費ははやい。

 

 

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.