08/02/2011 MS BLU’S 小麦胚芽パン

Ingredients: 直径9.5インチ 2844cc容量のテフロン加工をしているケーキ用りんぐ 型を使用

  • 255.15g 水
  • 26g 無塩バター
  • 39g 砂糖
  • 1tsp(5.06g) 塩
  • 275.25g 最強力粉
  • 38.5g 小麦胚芽(RAW WHEAT GERM) いっていないものをつかったが、いっているものでもよい。
  • 9.7g 脱脂粉乳
  • 2tsp(5.6g) イースト (SAF RED使用)
  • 1TBS 10.5g グルテン
  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • PAM BAKING用のクッキングオイルスプレー

手順:

  1. ブレッドメーカーの中に、水をまずいれ、グルテンまで、記載どおりの順番にいれていく。
  2. ブレッドメーカーの生地(DOUGH)設定で、こねがおわるまでこねる。(うちのは、20分)。
  3. PYREX 4CUP MCにだして(大体このとき600cc)、WRAPをして、生地が2-3倍になるまで28Cくらいのところで発酵。(1HR)
  4. パンチ
  5. 2次発酵でまた2-3倍になるまでまつ(27分)
  6. 型にPAMをスプレーして、生地をいれて、ていねいにやさしく上面を手でならす。(このときあまり乱暴にしないこと。)
  7. 38Cくらいのところで最終発酵(33分)
  8. オーブンにいれ(予備加熱なしで) 200Cで、20分。 温度計をパンの中央にさして、87Cをこえていることを確認。
  9. 型からはずし常温でさます。
  10. さめたらスライスし、WRAPでそれぞれをラップして、冷凍保存。

コメント:

非常に水がおおくべたつき手では成型ふかのうなんで、ハンサムな型にいれてやくと、楽です。この型はおおきすぎて、まず使わないものとおもっていましたが、パンはたくさんつくって冷凍しておいたほうが、時間もエネルギーも節約できてよいんで今後パン焼きにつかうことにしました。アメリカ人はこんな大きなものでバターケーキをやいてたべていますが、ほとんど自殺行為だとおもいます。 大きな型の欠点は中央に熱がはいりにくいので、外側がやきすぎて中が半生になることで、これは中央があなあきなのですこしは、効率がよいとしても、このパンをやくにあたっても、20分もかかりましたから。。。  まあいいか。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.