Archive for the ‘44000 パン’ Category

12/25/2011 バケット

Sunday, December 25th, 2011

材料:(2本)

  • 5g インスタントイースト(SAF RED ドライイースト)
  • 314.3g 強力粉
  • 180.2g ALL PURPOSE FLOUR (薄力粉と強力粉を90.1gずつまぜてもよい。)
  • 10.1g 塩
  • 300g 水

手順:

  1. 水以外の材料を スタンドミキサーにいれて、攪拌し、まぜあわせる。
  2. 水をくわえ、ひとかたまりになるまで、攪拌。
  3. さらに5分以上、ミキサーで攪拌してこねる。
  4. 生地をとりだし、2重のビニール袋につつみ、ビニール袋の両端を紐でしっかりむずんでとじ、冷蔵庫で一晩発酵。
  5. 翌日、とりだして、生地を2等分する。(ドウカッターをつかってきる。)
  6. 各生地を長方形に麺棒でのばし、くるくると巻いて、丸太状にし、かみそりの刃で切り目をいれる。(クープ)
  7. スプレーボトルで、水をスプレーして、あたためたオーブン(38度C)で1時間発酵。
  8. 再度、スプレーして、オーブンを425F(218C)にセットし、25分ほどやく。

(NOTE)

REF: BIBLIOGRAPHY, BOOK 51

Le Cordon Bleu、 COMPLETE COOK を参照したが、ちょっと、水がすくなすぎて、重たいパンになる。

よくこねないと、非常にまずくなる。

12/25/2011 ポーボイサンドイッチ

Sunday, December 25th, 2011

材料:

  • バケット
  • ローストビーフ、スライス
  • レタス
  • 3TBS KNORR デミグラソース(粉末)
  • ビーフストック(1缶=411g)

手順:

  1. ビーフストックにデミグラソースの素を加え、まぜ、MWで加熱してビーフグレービーをつくる。
  2. バケットは適当にきり、横に半分に切り目をいれる。
  3. ローストビーフ、レタスをパンの間にはさむ。(このとき、ビーフグレービーをローストビーフにかけて、はさむ。)

11/30/2011 ベーグルピザ

Wednesday, November 30th, 2011

(材料)

  • ベーグル
  • オレガノ
  • バジル
  • ターキー、細かくきる
  • スパゲッティーソース
  • おろしチーズ(好みのもの)

(手順)

  1. ベーグルは半分にきる。
  2. スパゲッティーソースをぬり、ターキーをふりかけ、チーズをふりかけ、オレガノ、バジルをふりかける。
  3. 耐熱容器にのせ、オーブンの上火のみ(BROIL)でチーズがとけるまでやく。

10/02/2011 ハムチーズサンドイッチ

Sunday, October 2nd, 2011

Ingredients:

  • ハム、MWしてペーパータオルでふく
  • モッツァレラチーズ、おろしたもの
  • 胚芽パン、スライスしておく
  • 三つ葉の葉

Procedure:

  1. チーズをハムでまきパンの間にはさみ、三つ葉そそえる。

08/29/2011 Ms. Blu’s 小麦胚芽パン 第2弾目

Monday, August 29th, 2011

Ingredients:(直径10”のアルミ製のJELLO RING型)

 

  • 227g 水
  • 26g 無塩バター
  • 39g 砂糖
  • 1tsp(5.06g) 塩
  • 275.25g 最強力粉
  • 38.5g 小麦胚芽(RAW WHEAT GERM) いっていないものをつかったが、いっているものでもよい。
  • 9.7g 脱脂粉乳
  • 2tsp(5.6g) イースト (SAF RED使用)
  • 1TBS 10.5g グルテン
  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • PAM BAKING用のクッキングオイルスプレー

手順:

  1. ブレッドメーカーの中に、水をまずいれ、グルテンまで、記載どおりの順番にいれていく。
  2. ブレッドメーカーの生地(DOUGH)設定で、こねがおわるまでこねる。(うちのは、20分)。
  3. PYREX 8CUP MCにだして(大体このとき500cc)、WRAPをして、生地が2-3倍になるまで28Cくらいのところで発酵。(1HR)
  4. パンチ
  5. 2次発酵でまた2-3倍になるまでまつ(27分)
  6. 型にPAMをスプレーして、生地をいれて、ていねいにやさしく上面を手でならす。(このときあまり乱暴にしないこと。)
  7. 38Cくらいのところで最終発酵(33分)
  8. オーブンにいれ(予備加熱なしで) 200Cで、23分。 温度計をパンの中央にさして、87Cをこえていることを確認。
  9. 型kらはずし常温でさます。
  10. さめたらスライスし、WRAPでそれぞれをラップして、冷凍保存。

コメント:

前回は、粉類の78.7%の水をくわえましたが、今回は、70%にへらしました。 しかし、生地は非常にべたべたします。成型不可能なので、ジェロをつくるアルミの型にいれるときに、ドーナッツ状にそこにひらたくのばして、棒をつなぐことをします。のばすときにゆっくり、やさしくのばさないと生地がいたみます。水分が多いので、安物のブレッドメーカーをつかって、こねても、グルテンの発達がさかんで、追加にこねなくてもよいので、簡単。成型とかベンチとかせんでいいので、楽です。水分がおおいのでソフトにしあがります。今回の型は前回とちがって、黒いノンスティックの塗装がしていないので、焼き色はうすく、かつ焼き時間が3分延長された。たぶん黒い塗装が熱を吸収し、今回のアルミのメタルは熱を反射するからだろう。

08/24/2011 ベーグルポークサンドイッチ

Wednesday, August 24th, 2011

Ingredients:

  • ベーグル(ごまつきのもの)
  • 豚肉
  • CANADIAN STEAK SEASONING
  • マイルド ちぇだーチーズ、薄切り

Procedures:

  1. 油をフライパンにうすくぬり、CANADIAN STEAK SEASONINGをもみこんで15分おいた豚肉のスライスを両面やく。
  2. ベーグルを半分にスライスして、豚肉、チーズをはさみ食べる。

08/09/2011 パープルコーンブレッド

Tuesday, August 9th, 2011

Ingredients:4.25”角の正方形のセルクル

  • 35g パープルコーンフラワー
  • 31g All Purpose Flour (強力粉15.5g+薄力粉15.5gで代用可)
  • 6g ベーキングパウダー
  • 12.5g 砂糖
  • 0.25g 塩
  • ---------------
  • 25g 卵、といておく
  • 59g ミルク
  • 29g 無塩バター
  • クッキングオイルスプレイ(PAM)

Procedures:

  1. セルクルはアルミフォイルの底をつくり、PAM for Bakingをスプレーして、SILPATをしいた天板においておく。
  2. 最初の5材料(ドライな材料)をボールのなかでWHISK.
  3. 卵とミルクを加えまぜ、バターはMWでとかして加え混ぜる。
  4. セルクルの中に生地をながしこみ、上をならして、350F(177C)で、18分やく。
  5. 室温でさまし、型からはずし、適当にきってサーブ。ラップをして冷凍保存可。

コメント:

REF. Blue Corn Cronbread, Bill Jezzard, http://allrecipes.com/Recipe-Tools/Print/Recipe.aspx?RecipeID=18719

アメリカンインディアン(ナバホとプエブロ)の伝統料理だが、これはアメリカ白人がアレンジしたもの。

バターをつかっているので、おいしいが、ぼろぼろともろくくずれる。このレシピは、5星がついていて、アメリカ人は好むあじだが、オリジナルの1/4量を今回つくっても564kcalとカロリーは高い。卵、ミルク、バターの量がたりないんだとおもう。軽いかんじでよいが、以前につくったブルーコーンケーキのほうが本物に近いとおもう。

 

 

08/02/2011 MS BLU’S 小麦胚芽パン

Tuesday, August 2nd, 2011

Ingredients: 直径9.5インチ 2844cc容量のテフロン加工をしているケーキ用りんぐ 型を使用

  • 255.15g 水
  • 26g 無塩バター
  • 39g 砂糖
  • 1tsp(5.06g) 塩
  • 275.25g 最強力粉
  • 38.5g 小麦胚芽(RAW WHEAT GERM) いっていないものをつかったが、いっているものでもよい。
  • 9.7g 脱脂粉乳
  • 2tsp(5.6g) イースト (SAF RED使用)
  • 1TBS 10.5g グルテン
  • ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • PAM BAKING用のクッキングオイルスプレー

手順:

  1. ブレッドメーカーの中に、水をまずいれ、グルテンまで、記載どおりの順番にいれていく。
  2. ブレッドメーカーの生地(DOUGH)設定で、こねがおわるまでこねる。(うちのは、20分)。
  3. PYREX 4CUP MCにだして(大体このとき600cc)、WRAPをして、生地が2-3倍になるまで28Cくらいのところで発酵。(1HR)
  4. パンチ
  5. 2次発酵でまた2-3倍になるまでまつ(27分)
  6. 型にPAMをスプレーして、生地をいれて、ていねいにやさしく上面を手でならす。(このときあまり乱暴にしないこと。)
  7. 38Cくらいのところで最終発酵(33分)
  8. オーブンにいれ(予備加熱なしで) 200Cで、20分。 温度計をパンの中央にさして、87Cをこえていることを確認。
  9. 型からはずし常温でさます。
  10. さめたらスライスし、WRAPでそれぞれをラップして、冷凍保存。

コメント:

非常に水がおおくべたつき手では成型ふかのうなんで、ハンサムな型にいれてやくと、楽です。この型はおおきすぎて、まず使わないものとおもっていましたが、パンはたくさんつくって冷凍しておいたほうが、時間もエネルギーも節約できてよいんで今後パン焼きにつかうことにしました。アメリカ人はこんな大きなものでバターケーキをやいてたべていますが、ほとんど自殺行為だとおもいます。 大きな型の欠点は中央に熱がはいりにくいので、外側がやきすぎて中が半生になることで、これは中央があなあきなのですこしは、効率がよいとしても、このパンをやくにあたっても、20分もかかりましたから。。。  まあいいか。

07/31/2011 インディアン タコ

Sunday, July 31st, 2011

Ingredients:

Procedures:

  1. 肉は、油を引いたフライパンでよくいためる。
  2. フライブレッドをさらにおき、れたす、とまと、ちーず、肉、ねぎをその上にもり、チリソースを適量上からおとす。(このとき、チリはほんの少しでかまわない。いれすぎると辛すぎで口がやける。)

コメント:

REF. INDIAN TACO, BOOK200、BIBLIOGRAPHY

たべるときは、手でめちゃくちゃ、口や手をよごしながら、ちぎって食べる。 紙ナプキンをそえてサーブしよう。(ナイフフォークは不要。)

07/31/2011 インディアンフライブレッドのはずだったのだが。。。 (失敗)

Sunday, July 31st, 2011

Ingredients: 2人前

96.15g All Purpose Flour(強力粉 48.07g 薄力粉 48.08gで代用可)

2.16g ベーキングパウダー

0.98g 塩

97.5cc 人肌ぐらいのあたたかいぬるま湯

少々 油

 

Procedures:

  1. 最初の3つのドライな材料をFPにいれてPULSEかくはん。
  2. ぬるま湯をいれて、FP攪拌、2-3かたまりになるまで。。。
  3. まるめてラップをして15分間やすませる。
  4. 麺棒でのばす。
  5. 油をしいたフライパンでいためる。

コメント:

REF: Indian Fry Bread, Book200, Bibliography

本来は、油でいためるのではなく、たっぷりのラードか油で揚げるものらしいことがあとでわかった。

オリジナルでは水がたりないので、どんどん水をくわえたが、どうしてもかわきぎみで

このようにトルティラのようなものができたが、ひじょうにドライでかたかった。(たべられはしたが、あまりよくない。)

油でDEEP FRYすると、すこしDRYな生地でも、からっとせんべいのようにぱりっとしたかんじになるのだろうと予想する。

次回再挑戦してみたい。

DEEP FRYとかかずにFRYとかいてあったので、いためることだと勘違いしてしまったのが、失敗のはじまり、まさに LOST IN TRANSLATIONである。